日本の1トップは3選手の争いに ザッケローニ監督が大久保のFW起用を明言

 日本時間3日に行われるコスタリカ戦前日の会見で、アルベルト・ザッケローニ監督はし烈を極める1トップ争いについてこう語った。

「岡崎(慎司)もトップでプレーでき、さらには本田(圭佑)も前回のW杯では1トップでプレーしている。ただ岡崎に関しては現在右サイドでプレーしている。柿谷、大迫、大久保がFWに入ることになるだろう」

 昨シーズン途中から1トップの座を争ってきた柿谷と大迫。そこに、サプライズ選出で代表復帰した大久保が加わった三つ巴の争いに。そんななか、若い2人に比べて経験で勝る大久保は、気負いのない姿勢で現状を受け止めた。

「会見で監督が1トップ候補だと言った? でも、実は練習ではいまだに1トップを一回もやっていないよ(笑)。でもこの間のキプロス戦でもプレーして、だいぶ動きもつかめたからね」

 また、ライバルの2人についても、冷静な態度でこう語る。

「柿谷と大迫も練習を見ていても悪くないよ。タイプは違うけど、ただザッケローニ監督が1トップに要求していることはみんな一緒だから。それはやらないといけない」

 前線で高い位置を取り、DFを下げて本田圭佑ら2列目の選手にスペースを生み出す。そうした戦術的な動きは、すべての1トップ候補に求められるもの。大久保が代表合流して、2週間足らず。だが、彼はその観察眼の高さで、キプロス戦と練習でその役割を理解したという。

「ポジションはどこでもいい。でも一番ゴールに近い1トップのほうがチャンスは増える」

 注目の1トップ争い。明日のコスタリカ戦、大久保は自身の戦術理解度と得点力、その両方を見せつける覚悟だ。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

※ワールドカップ期間中、サッカーマガジンゾーンウェブが記事内で扱うシーンやデータの一部はFIFAワールドカップ?公式動画配信サイト&アプリ『LEGENDS STADIUM』で確認できます。
詳しくは、「LEGENDS STADIUM 2014 – FIFAワールドカップ公式動画」まで

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド