今季リバプールに2得点と相性抜群! レスター岡崎、敵地初勝利へ「もっと集中しないと…」

アンフィールドでの一戦を前にクラブ公式サイトで語る

 今季公式戦で7得点を決めるなど好調を維持するレスター・シティの日本代表FW岡崎慎司。そのうち2得点は強豪リバプールから奪ったものだ。現地時間30日にも敵地でのリバプール戦を控えるなかで、侍ストライカーがクラブ公式サイトのインタビューで意気込みを語った。

 レスター加入3年目の岡崎にとって、リバプールとの対戦はこれが7試合目となる。リーグ制覇を成し遂げた2015-16シーズンはシーズンわずか3敗しかしなかったなかで、リバプールとの敵地決戦で黒星がついた。昨季もホームでは勝利したが、やはりアウェーゲームでは1-4と完敗。今季はリーグカップで2-0と勝利を収めたものの、リーグ戦では本拠地キングパワースタジアムで2-3と競り負けた。

「アウェーは難しいです。僕はあそこで(アンフィールド)まだ勝ったことがないです。ホームでのリバプールがとても強いということは分かっているので、ポジティブで、そしてコレクティブにチームが一つになる必要があります」

 そして岡崎はアンフィールドでの大一番に向けて、このように話している。

 

page1 page2

トレンド

ランキング