プレミア“年間総得点”の新記録に挑むケイン 元英代表FWコンビの軽妙な掛け合いが話題に

バーンリー戦のハットトリックで年間36ゴール、シアラー氏の記録に並ぶ

 24日に行われたプレミアリーグ第19節で、トットナムのイングランド代表FWハリー・ケインが圧巻のパフォーマンスを見せ、敵地バーンリー戦でハットトリックを達成。チームを3-0の勝利に導くとともに、3ゴールを加えたことで元イングランド代表FWアラン・シアラー氏が持つ36ゴールという“年間総得点”の記録に並んだ。今年も残すはあと1試合。ケインがシアラー氏の記録を抜くかどうかがイングランド国内でも話題になっていると、英紙「ザ・サン」が報じている。

 現在47歳となったシアラー氏は、ブラックバーン所属時の1995年に年間36得点を達成。その後22年が経過した今でも、この記録は塗り替えられていない。

 しかし今年、24歳となったトットナムのエースは、年間を通してハイパフォーマンスを継続。バーンリー戦でハットトリックを達成し、アーセナルのレジェンドである元フランス代表FWティエリ・アンリ氏と元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー(現フェネルバフチェ)の記録を抜き、シアラー氏の持つ36得点に並んだ。

 偉大な記録に並ばれたシアラー氏はすぐさま自身のツイッターを更新し、「おめでとう」という言葉とともに、シアラーのゴールパフォーマンスで有名な“手を挙げたポーズ”の絵文字を装飾してケインを祝福。すると、元イングランド代表FWでJリーグの名古屋グランパスでもプレーしたギャリー・リネカー氏が、すかさず反応した。シアラー氏の画像とともに、「ハットトリックのケインがシアラーのプレミア記録に並んだ。彼のために喜んでいるふりをする写真がこれです」と投稿した。

 

page1 page2

トレンド

ランキング