飲酒運転で有罪のルーニー、社会貢献活動に精を出す 「爽やかな場所でリラックスできる」

エバートン復帰の今季、15試合9得点と健在ぶり示すも、9月に逮捕

 今シーズン、マンチェスター・ユナイテッドからエバートンに復帰した元イングランド代表FWウェイン・ルーニーは、古巣でかつての輝きを取り戻している。その一方で飲酒運転をして逮捕されるなどお騒がせぶりは相変わらずだが、その飲酒運転の“罰”として与えられた無報酬の社会貢献活動に精を出していると、英公共放送「BBC」が報じている。

 昨季ジョゼ・モウリーニョ体制下のユナイテッドで出番を失ったルーニーは、10代の頃を過ごしたエバートンに今夏復帰。30代を迎えたかつてのスター獲得には当初疑問符がつけられたが、今季プレミア開幕戦のストーク戦(1-0)で即ゴール。そして11月29日の第14節ウェストハム戦(4-0)では60メートル超のスーパーロングシュートを決めるなどハットトリックを達成。ここまで15試合出場9ゴールと、その決定力に陰りがないことを証明している。

 しかし、“やんちゃ坊主”っぷりも変わっていない。復帰直後の9月に飲酒運転の容疑によって逮捕。開幕戦でせっかくゴールを決めて健在ぶりを示した後の愚行だけに、ルーニーらしすぎるとの声もあったが、判決の結果、2年間の運転禁止処分と100時間の社会貢献活動が科された。

 ただ本人は、社会貢献活動に積極的な姿勢を示している。学習困難な状況にある成人と一緒に仕事に取り組むなど「クリスマスに向けてやっているいろいろなことで、彼らを助けたんだよ」と語り、このように続けている。

 

page1 page2

トレンド

ランキング