なぜ日本は先制後に4失点したのか? チーム最年長ベテランMFが明かす大敗の舞台裏

中盤の一角でプレーした今野、「点取ったから守りに入ってしまった」と反省

 一度緩んだネジを自分たちで締め直すことはできなかった。E-1選手権の韓国戦で1-4の大敗を喫した日本代表のMF今野泰幸(G大阪)は、「前半のうちに修正できなくてズルズルいってしまった」と反省点を口にした。

「プレスがハマらなかった」。中盤の一角でプレーした今野は試合を振り返り、その言葉を繰り返した。「相手に中盤で取られすぎたし、そこから自由に預けられたし、自由にサイドに振られたし、FWの高さも使われた」。あらゆる面で韓国に先手を取られて、日本は主導権を握れなかった。

「やっている選手たちで修正しようと話し合ったんですが、前半のうちに修正できなくてズルズルいってしまい、3点やられてしまった」

 今野は試合の敗因についてこう分析している。前半早々にFW小林悠(川崎フロンターレ)のPKで先制したが、すぐに主導権は韓国が握り、日本を圧倒した。先制後に一体何が起こったのか。チーム最年長のベテランMFはこの質問に対し、「ううーーん」と考え込んだ後に淡々と口を動かした。

「意識的なのか、点取ったから守りに入ってしまったのはある。ポジション上なのか分からないけど、中盤にプレッシャーがかからなかった。相手の最終ラインも自由にボールを持てたし、そこから中盤に当てるボールに対しても誰も行けなかった。そこがやっていて嫌な感じがあった。『凄くフリーで持たれているな』って。全然プレッシャーかかってないなって、それを感じている間に失点を重ねてしまった」

 バヒド・ハリルホジッチ監督が試合終了直後のインタビューで、「プレーを止めてしまいました。なぜそうなったのかは分かりません」と日本の問題点を指摘していたが、今野も先制点の後にチームに明確な変化が起きていたと感じていたようだ。ロシア・ワールドカップ前の貴重なテストの場だったが、選手たちにとっては不完全燃焼な結末となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング