インテル監督が長友のライバルを称賛 「SBとしての態度に自信を持っている」

スパレッティ監督がイタリア杯でのダウベルト先発起用を明言

 インテルの日本代表DF長友佑都は、9日のセリエA第16節ユベントス戦(0-0)で4試合連続の出番なしに終わった。11月に行われた日本代表の欧州遠征でチームを離れた間に、左サイドバックのポジションをイタリア代表DFダビデ・サントンに奪われてしまったが、ルチアーノ・スパレッティ監督は12日のイタリア杯16強セリエCポルデノーネ戦での先発起用を明言したブラジル人サイドバック、ダウベルトの成長ぶりを称賛している。

 リーグ首位に立った青と黒の名門は、ポルデノーネ戦でターンオーバーを敢行する。スパレッティ監督は前日会見で「インテルは注意力と意欲とモチベーションが必要だ。そして、インテルのユニフォームを着ることへの義務をしっかり果たさなければいけない。今までプレーしていなかった選手たちは毎日よく練習している。彼らの力なしにはリーグの未来はない」と、普段出番の少ないサブ組にもジャイアントキリングに対して最大限の注意を払い、奮起することを求めている。

 GKダニエレ・パデッリ、FWヤン・カラモー、DFアンドレア・ラノッキア、DFジョアン・カンセロとともに、長友とスタメンの座を争うダウベルトが先発する。ダウベルトは10日のユベントス戦では、後半途中からDFダビデ・サントンと交代して出場。「カラモー、ラノッキア、カンセロを起用する。ダウベルトは日曜に起用した。走らせることが必要だったからだ。今では良く戦術を理解している。サイドバックとしての態度にも強い自信を持っている。バランスもある」と、スパレッティ監督はダウベルトを称賛した。

 今季ニースから2000万ユーロ(約26億円)の移籍金で加入したブラジル人サイドバックだが、ボールの位置に応じた体の角度まで細かく指示するなど、細かい戦術面の細則を設ける指揮官の戦術に今季序盤は適応できていなかったが、ここにきて評価を高めている。

 長友がベンチスタートとなりそうなポルデノーネ戦、ダウベルトの活躍次第で左サイドバックの序列は大きく変わるかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング