ハリルJ劇的勝利も「北朝鮮がより危険な存在に見えた」 海外メディアが苦戦指摘

E-1選手権初戦で1-0と辛勝 「イデグチがヒーローとなった」

 日本代表は9日のE-1選手権初戦の北朝鮮戦で、後半アディショナルタイム3分のMF井手口陽介(ガンバ大阪)の劇的ゴールで1-0勝利を飾った。海外メディアは「イデグチがヒーロー」「日本が北朝鮮の恐怖から生き残った」と苦戦ぶりを伝えている。

 FIFAランク114位の北朝鮮によもやの苦戦を強いられた同55位のハリルジャパン。シュート数は7対12と圧倒されたが、ラストチャンスでMF今野泰幸(G大阪)のヘディングでの絶妙な落としから井手口が右足を一閃。勝負を決める20メートル弾を突き刺した。

 米スポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」アジア版では、「ヨウスケ・イデグチが94分に味の素スタジアムで決勝弾を打ち上げてサムライブルーのヒーローとなった」と、ミドル弾を決めたダイナモを称賛。その一方で、「大番狂わせを決意した北朝鮮代表相手にも、ファインセーブの連続を見せた彼らのGKコウスケ・ナカムラにも感謝しなければいけない」と、“神セーブ”連発の柏レイソルGK中村航輔も高く評価している。

 一方、北朝鮮の戦いぶりについては「日本は多くのポゼッションを享受したが、北朝鮮の方がより危険な存在に見えた」と奮闘ぶりを認めている。苦しんだ一戦で決勝弾の井手口、そして圧巻のセーブ連発で劇的弾を呼び込んだ中村の二人は、国外でも評価を高めることに成功した。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング