U-17W杯参戦の日本代表に現地紙が注目 「“メッシ”以上のものを有している」

“ジャパニーズ・メッシ”久保を紹介 森山監督「久保は攻撃に確かなものをもたらす」

 U-17ワールドカップ(W杯)が現地時間6日に開幕したが、数多くの有望選手が開催地インドに集結するなか、アジア代表の一角として登場するのが日本代表だ。FW久保建英やMF平川怜(ともにFC東京U-18)といった選手が海外メディアからも注目されているが、インド紙「タイムズ・オブ・インディア」は森山佳朗監督に久保ら選手の現状を聞いている。

「日本は“メッシ”以上のものを有している」とのタイトルがつけられた記事では、これまでの久保のキャリアを紹介。30試合で74ゴールをマークしたバルセロナの下部組織時代、今年5月に韓国で行われたU-20W杯に出場したこと、そして海外メディアが久保を取り上げる際に常套句になりつつある“ジャパニーズ・メッシ”として触れている。ただ、森山監督は、久保以外の選手にもこのように言及している。

「久保はU-20W杯でプレーしたこともあり、チームに価値をもたらしています。ピッチ内で私たちの攻撃に確かなものをもたらしてくれます。ただ私たちのチームには彼と同じ、もしくはそれ以上のポテンシャルを秘めた選手たちがいます」

 


久保建英の何がすごいのか?答えは、スポーツ視聴の新しい本拠地へ!



page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング