南米5位とのPOに向け日本戦を重要視するNZ監督 「特別な素晴らしい選手が何人かいる」

日本戦前日会見でハドソン監督が語る 「クオリティーの高い相手だ」

 ニュージーランド代表のアンソニー・ハドソン監督は、6日の国際親善試合・日本戦に向けた前日記者会見で、このゲームを来月に予定されている南米5位とのワールドカップ(W杯)予選大陸間プレーオフのシミュレーションとして重要な機会と位置付けた。

 ニュージーランドはすでにオセアニア地区予選の1位を決め、11月には南米予選5位とプレーオフを行う。ハドソン監督は「目の前のゲームが一番大事だと思う。このゲームに全て集中している。今後の準備という感覚ではない」と冒頭に話したものの、次第にこのゲームに対する本音が口をついていった。

「日本チームの強さ、力は誰もが知っていること。特別な素晴らしい選手が何人かいる。クオリティーの高い相手だ。明日のゲームは11月に戦わなければいけないゲームと、同じような状況が生まれるだろう。特に、攻撃面では一つのテストになるはずだ」

 ニュージーランドが対戦する南米予選5位には、大国アルゼンチンが回ってくる可能性がある。そうでなかったにしても、基本的にニュージーランドから見れば格上の国ばかりで、相手の攻撃を受ける時間が長いことは確実になるだろう。そうした時に、日本とアウェーで対戦することは良いシミュレーションになると考えているようだ。

 また、メンバーリストに目を通してみても、選手たちはニュージーランドあるいはオーストラリアでプレーする選手、アメリカやカナダの北米でプレーする選手、ヨーロッパでプレーする選手の3地域に大別されている。そうした意味では、地域性を加味しても日本は“集合地点”としては悪くない場所であることも想像できる。すでに2日に日本入りし、4日間の準備期間を経て日本戦に臨む力の入れようだが、11月のプレーオフを見越してもチームにとって貴重な強化の機会になっているようだ。

 

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」