アンリが古巣アーセナルを一喝「センスがなければ、貪欲さもない」

本拠地でのまさかの惨敗に激怒

 アーセナルのレジェンドである元フランス代表FWティエリ・アンリ氏が古巣の惨敗に苦言を呈した。

 アーセナルは25日、UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント第1回戦初戦ASモナコ戦をホームで迎え、1-3とまさかの敗戦。ベスト8進出に黄色信号が灯っている。

 衛星放送「スカイ•スポーツ」の解説者としてエミレーツスタジアムで観戦したアンリはガナーズの惨敗後、うっすらと目を濡らしていた。

「私はこのようなことが起こりうるのは知っていた。しかし、今夜だとは予想していなかったね。モナコは今夜の結果によって、勝ち抜けることが容易くなった」

 落胆を隠そうとしなかった。1994年にモナコでプロのキャリアを踏みしめたアンリは、ユベントスを経て移籍したアーセナルでクラブ史上最高選手と呼ばれる活躍を続けた。現在はアーセナルのアカデミーのコーチとなり、指導者への一歩を歩んでいる。

 万感の古巣対決で、90分改善されなかったロンドンの強豪の低調なパフォーマンスに辛辣な言葉を投げかけている。

「選手たちは苛立っていた。パスワークも全く良くなかった。展開のセンスもなければ、試合に勝つための貪欲さも欠落していた。アーセナルが勝ち抜くことが不可能だとは言ってない。だが、極めて難しいものとなったのは事実だ」

 レジェンドの叱咤激励は完敗に沈むチームに響いたのだろうか。絶体絶命のガナーズは3月17日に行われる敵地での第2戦でその真価が問われる。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング