ベッカム氏の長男がアーセナル下部組織を退団か 英紙が報じる

ブルックリン君が退団の可能性が浮上

 元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏の長男、ブルックリン君がアーセナルの下部組織を退団する可能性が高まった。英地元紙「デイリー・メール」が報じている。

 15歳のブルックリン君はロンドン郊外の自宅にほど近いアーセナルのホール・エンドアカデミーでプレーを続けてきたが、チームが有望な選手に用意している2年間の奨学金制度から落選したという。コーチ陣はベッカムジュニアの成長を高く評価しつつも、右の攻撃的MFに実力上位の同世代の選手がいたために、奨学生への選出を見送ったようだ。

 一方で、他のクラブでプロ契約を勝ち取れる実力を持っていると評価されている。今回の決定が事実なら、アーセナルはブルックリン君の来季以降の保有権を失うことになるという。

 ブルックリン君はU‐18チームに飛び級で招集されたばかりだが、ユース大会出場に向けカタール遠征に出向いたU‐16とU‐17チームのメンバーからは漏れたと伝えられている。また、ベッカム家の男児3人はいずれもアーセナルのアカデミーでプレーしているが、記事では最も才能が豊かなのは三男のクルーズ君だと報じている。

【了】

 

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング