イブラヒモビッチ、短期契約でユナイテッド復帰の可能性浮上 復帰時点からオファーも

米LAギャラクシー移籍で合意報道もある一方、ユナイテッドの施設でリハビリへ

 元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは右膝十字靭帯損傷の重傷で年内の復帰は絶望的と見られているが、短期契約という形で来季もユナイテッドでプレーする可能性が浮上している。

 英紙「マンチェスター・イブニングニュース」によれば、イブラヒモビッチは契約満了でフリーエージェントとなったが、今後もユナイテッドのキャリントン練習場内の施設でリハビリを続けることになるという。そして記事では、順調に回復を見せ、ユナイテッドが戦力とみなせば、復帰時点から来季終了までの短期契約をオファーする可能性もあるとされている。

 すでにアメリカのLAギャラクシー移籍で合意をしていると報じられているイブラだが、1年目から公式戦28ゴールを挙げるなどユナイテッドとプレミアリーグのサッカーにすんなりと適応。来季には36歳を迎えるが、負傷前には衰えを全く感じさせないプレーを披露した。

 通常は復帰まで6カ月から12カ月を要する重傷で選手生命の危機さえ心配されるイブラ。復活を果たし、再びユナイテッドのユニホームを着てピッチに立つことはあるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング