CL連覇で喜び爆発のイスコ、レアル残留を強調 「すぐサインしたい。ここより良い場所はない」

CL決勝でスタメンを飾ったMFイスコ、試合後に契約延長の意思を示す

 レアル・マドリードのスペイン代表MFイスコは史上最多12度目のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝を決めた試合後のインタビューで喜びを爆発させるとともに、「すぐにでもサインしたい。このクラブは世界最高だ」と“白い巨人”への残留を改めて主張した。スペイン紙「アス」が報じている。

 イスコは現地時間3日に行われたCL決勝ユベントス戦に先発出場。前半はそれほどインパクトを残せなかったものの、後半に入ると持ち前のテクニックを生かしたプレーで攻撃にリズムを生み出した。試合はFWクリスティアーノ・ロナウドの2得点などでレアルが4-1と快勝し、大会史上初の連覇と史上最多12度目の優勝を決めた。

 偉業達成の一員となったイスコは試合後、スペイン地元テレビ局「アンテナ3」に対し、「夢のチームで、夢のシーズン。忘れられない夜だ」と語るなど歓喜の余韻に浸っている。

「ここへ来て、4年間で3度もCLで優勝できるとは夢にも思っていなかった。そして、このチームで作り上げたファミリーにありがとうと言いたい」

 先発出場の少なさからシーズン中も再三移籍の話が取り沙汰されてきたイスコだが、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの負傷もあって終盤戦は奮闘。この大舞台でもスタメンの座を勝ち取った。契約延長について質問を受けると、「すぐにでもサインしたい。ここよりも良い場所はない。世界最高のクラブだ」と残留の意思を明確なものとした。

 “魔術師”の異名を持つ25歳はエル・ブランコのユニホームを身にまとい、さらなる栄光を目指すと心に誓っていた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング