中村敬斗に「ドルトムントが熱狂」 独移籍が浮上…現地指摘「数週間で状況変わる可能性」

中村敬斗の去就に注目【写真:Getty Images】
中村敬斗の去就に注目【写真:Getty Images】

今夏ドルトムント移籍が急浮上、去就動向に現地見解

 フランス1部スタッド・ランスの日本代表MF中村敬斗にドイツ1部ボルシア・ドルトムント移籍が急浮上。所属クラブや森保ジャパンでの活躍で株を上げつつあるアタッカーの去就動向に関して、ドイツ現地メディアは「今後数週間で状況が変わる可能性がある」と伝えている。

 ドルトムントは新シーズンからヌリ・シャヒン監督が就任。新体制が発足するなか、ドイツメディア「RUHR24」はウインガーの補強ターゲットとして中村が浮上したと伝え、レンタル期間終了により昨季限りで退団したMFジェイドン・サンチョの後釜になる可能性を指摘した。

 現地メディア「DERWESTEN」でもこの一報に脚光が当てられ、ドルトムントのスカウト担当スベン・ミスリンスタット氏が中村に関心を抱いていることを踏まえつつ「彼は最近フランスでセンセーションを巻き起こした」と評価の高騰ぶりを指摘。さらに今後の状況次第では、大きな動きに発展する可能性も匂わせた。

「BVB(ドルトムント)はまだ外部からの新契約を発表していない。しかし、今後数週間で状況が変わる可能性がある。スタッド・ランスがそのための場所になるかもしれない。ドルトムントのミスリンタットが今、中村敬斗に熱狂している。BVBのスカウトは日本人の大ファンだ」

 2019年7月の渡欧後、紆余曲折を経て着実にステップアップを続ける中村。昨季フランス1部リーグ・アンや日本代表での活躍を経て今夏、さらなるステップアップは実現するだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング