エイバル乾が2戦ぶり先発で勝利に貢献 現地紙「バルサ監督から自信を与えられた男が戻った」

2列目の左で先発した乾、今季初ゴールならずも…チームは本拠地マラガ戦で3-0勝利

 エイバルのMF乾貴士はリーガ・エスパニョーラ第24節本拠地マラガ戦で2試合ぶりに先発フル出場。ゴールを挙げることはできなかったものの、ポスト直撃のシュートを放つなど時に積極的な姿勢を見せてチームの勝利に貢献した。

メッ、C・ロナウド、ポグバら世界最高峰のプレーをチェック! スポナビライブでプレミア&リーガ全試合ライブ配信【PR

 前節セビージャ戦で0-2と完敗したなか、メンディリバル監督は乾を左サイド2列目に配置するシステムで臨んだ。序盤には右サイドのクロスに対して乾が飛び出してダイレクトで合わせようとするなど、精力的にゴールを狙った。

 エイバルは前半43分に最終ライン裏を突いたFWセルゲイ・エンリヒのラストパスからMFアドリアン・ゴンザレスが難なく先制点を決めると、後半5分にはMFペドロ・レオンの突破でPKを獲得してゴンザレスがこの日2点目をマーク。その2分後にはエンリヒが豪快なボレーシュートを叩きこんで試合を決定づけた。

 勢いづいたエイバルは同25分に乾が左サイドから切り込み、ペナルティエリア外から思い切りのよいグラウンダーのミドルシュートを放つ。GKのタイミングを外したシュートだったがポスト左に当たり、またしても今季公式戦初ゴールはならなかった。

 それでも地元紙「エル・ダイアリオ・ヴァスコ」では「バルサ監督から自信を与えられた男、イヌイがスタメンに戻った」と、第22節バルサ戦でルイス・エンリケ監督から評価された乾のスタメン復帰に触れ、仕掛けの回数は多くはなかったが、指揮官から守備的な貢献が求められていることについて記している。

 3-0の快勝を飾ったエイバルは、UEFAヨーロッパリーグ圏内まであと一歩の7位につけている。献身性にプラスしてゴールという結果を残せれば、乾もさらに評価が上がるはずだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング