“新10番”柴崎岳の「佇まいが帝王感満載」 風格漂わすユニフォーム撮影姿に反響「イケメンすぎる」

鹿島の柴崎岳【写真:徳原隆元】
鹿島の柴崎岳【写真:徳原隆元】

「今年のユニフォームについてインタビュー」と綴り鹿島SNSがアップ

 J1の鹿島アントラーズが公式SNSを更新。「Kashima Antlers 2024 Uniform 10 GAKU Shibasaki」と綴り、MF柴崎岳が新シーズンより着用するユニフォーム撮影を行う様子が公開されると、ファンからは「かっこいい」「佇まいが帝王感満載」と話題を呼んでいる。

【PR】「ABEMA de DAZN」なら、ラ・リーガやJリーグもオトクに視聴 スマホやテレビでいつでも&どこでも見放題!

 31歳の柴崎は、青森山田高校から鹿島に加入しプロキャリアをスタート。数々のタイトル獲得に貢献したのち、17年からスペインの地へ渡り、テネリフェ、ヘタフェ、デポルティーボ・ラ・コルーニャと渡り歩いた。20年からはレガネスに所属し、昨季限りで退団。23年9月より古巣鹿島に戻りプレーしている。

 鹿島復帰後は左ハムストリング損傷などの怪我に見舞われたなか、昨シーズンはJ1リーグ3試合に出場している。また、昨季は20番だった柴崎が2016年以来となる「10番」を着用することが発表されている。

 そんななか、鹿島が公式インスタグラムを更新。「Kashima Antlers 2024 Uniform 10 GAKU Shibasaki 柴崎岳選手に今年のユニフォームについてインタビュー」と綴り、柴崎が新ユニフォームを着用して撮影に臨み、デザインについて感想を述べる様子が収められている。

 この様子にファンからは「佇まいが帝王感満載」「さすがにイケメンすぎる」「やっぱりかっこいい」「優磨くんが言ってた通り、とても似合ってます」と、さまざまなコメントが寄せられている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド