絶対王者ユベントスが前人未踏の6連覇へ前進! ローマとの天王山を1-0で制す

イグアインの先制点を守り切り、勝ち点差を7に広げる

 イタリア注目の首位決戦は、5連覇中の王者ユベントスが2位のローマを1-0で下した。現地時間17日のゲームで、本拠地のユベントスは前半14分のアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインのゴールを守りきり前半戦の天王山を制した。

 ユベントスは立ち上がりからペースをつかむと前半14分、中盤でローマMFダニエレ・デロッシとの競り合いを制して前を向いたイグアインがドリブルで持ち込むと、右足での切り返しから左足を一閃。ペナルティーエリアすぐ外からの強烈なミドルシュートが左ポストを叩いてゴール内に吸い込まれ、先制ゴールを挙げた。イグアインは前節トリノ戦での2ゴールに続く、2試合連発で今季10ゴール目となった。

 その後はローマがボールポゼッションを握る展開になったが、ユベントスはイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンを中心とした鉄壁の守備を披露して反撃を許さず。1点のリードのまま前半を終えた。

 後半に入るとローマはエジプト代表のスピードスター、FWモハメド・サラーを投入して攻撃の圧力を上げた。攻めるローマとカウンターを狙うユベントスという構図になったが、ローマは決定機を生み出せず。逆にユベントスは効果的な逆襲でMFステファノ・ストゥラーロが2度にわたり決定機を迎えたが、ローマGKヴォイチェフ・シュチェスニーがビッグセーブを連発して追加点を許さなかった。

 結局、試合はこのままイグアインの1点が決勝ゴールとなりユベントスが勝利。勝ち点を42に伸ばし、2位ローマとの勝ち点差を7に広げた。この日は3位ACミランが引き分けに終わっており、ユベントスとの勝ち点差は9に開いている。前人未到の6連覇を狙う絶対王者は、年内のリーグ戦ラストゲームでガッチリと首位固めに成功した。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング