スペイン紙が「高額な胸スポンサー10傑」を発表 2つの日本企業が上位に堂々のランクイン!

太っ腹ぶりを見せるのが、3クラブと契約するUAEのエミレーツ空港

 バルセロナは2017年から4年間にわたって、日本のインターネットサービス企業である楽天株式会社とトップパートナー契約を締結した。年間64億円とも言われる莫大な金額はスペインだけでなく欧州各国で大々的に報じられているが、スペイン紙「AS」は現在のサッカー界で「高額な胸スポンサー10傑」を写真付き特集で発表している。果たして“楽天バルサ”は首位に立ったのか――。

 10位は昨季プレミアリーグで3位に入ったトットナム。生命保険および金融サービス業のAIAグループとは年間2100万ユーロ(約24億5000万円)となっている。

 続いて8位タイとなったのは、リバプールとイギリスに本社を構えるスタンダード・チャータード銀行、マンチェスター・シティとUAEのイティハド航空がそれぞれ結んでいる2700万ユーロ(約31億3000万円)だった。

 イティハド航空と同じUAEの航空会社で強いのは、エミレーツ航空だ。7位につけたパリ・サンジェルマンの胸スポンサー額は2800万ユーロ(約32億7500万円)、6位のレアル・マドリードに3200万ユーロ(約37億5000万円)、4位のアーセナルには4000万ユーロ(約47億円)をそれぞれ支払う“太っ腹”ぶりだ。

 


世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら



page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング