マンUのモウ監督とバルサのピケが急接近? かつて対峙の2人がテニスを“仲良し観戦”

 

2人はテニス会場で握手とハグ 英紙は「お互いに心温まる挨拶をした」

 テニスの絶対王者として知られるノバク・ジョコヴィッチ(セルビア)のプレーを、サッカー界が誇る名監督と現代屈指のセンターバックがほぼ隣同士で見つめる――。

 13日にロンドンで開幕したATP(男子プロテニス協会)ツアーファイナルズで、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督とバルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケが“仲良し観戦”したと英紙「デイリー・ミラー」が伝えている。

 同紙は「モウリーニョ監督、インターナショナルブレーク中にATPツアーファイナルをご観戦」とのタイトルでこの一件を紹介している。モウリーニョ監督はジョコヴィッチ対ドミニク・ティエムの一戦を観戦するため、いわゆるVIP席に座ったが、席を一つ挟んだところに何とピケが現れた。

 かつてモウリーニョ監督はレアル・マドリードの指揮官、ピケは宿敵バルサの不動のセンターバックとして対峙した間柄で、ライバル関係にあった。そんな2人には、ともに“スポーツ好き”という共通点がり、テニス会場で握手とハグをかわすなど「お互いに心温まる挨拶をした」と記されている。試合が始まるとジョコヴィッチの妙技を真剣に見つめる様子も激写されている。

 

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング