「簡単すぎた」 ドイツ代表の日本戦ゴール、PKキッカーのギュンドアンに海外賛辞「クールなフィニッシュ」

失点シーンに海外メディアが注目【写真:ロイター】
失点シーンに海外メディアが注目【写真:ロイター】

前半31分にGK権田がラウムに対するファウルでPK献上

 日本代表のカタール・ワールドカップ(W杯)初戦、ドイツ代表戦が11月23日に行われ、前半33分にPKで失点。このシーンを海外メディアが注目している。

 日本を率いる森保一監督は4-2-3-1を選択。1トップにFW前田大然が入り、2列目はMF伊東純也、MF鎌田大地、MF久保建英でダブルボランチはMF遠藤航と田中碧。最終ラインはDF酒井宏樹、DF板倉滉、DF吉田麻也、DF長友佑都でGKは権田修一が入った。

 前半31分、大きなサイドチェンジでペナルティーエリア内でフリーになったDFダビド・ラウムに対して権田が飛び出したが、キープするラウムに距離を詰めたところでファウルを犯してしまいPKの判定。これをギュンドアンにしっかり決められ、前半33分のゴールで0-1のビハインドを背負った。

 試合が動いたこのシーンに対し、米メディア「Yard barker」では「ギュンドアンのクールなフィニッシュ」と紹介。「左サイドのボックスで十分なスペースを見つけた後、ラウムは背を向け、その過程でGK権田修一が彼を倒した」とファウルまでの過程を説明し、「ギュンドアンは緊張を見せず、いとも簡単に決めてみせた」とPKキッカーのギュンドアンを称えた。

 さらに米スポーツ専門メディア「Fox Sports」の公式ツイッターでは「ギュンドアンには簡単すぎた」とPKの冷静さを伝えていた。強敵相手に厳しいスタートとなったなか、どう打開するかに注目が集まる。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド