三笘薫の“カード要求”は「受け入れられない」 地元メディア苦言「1度目は若さや経験不足で済まされるが…」

ブライトンの三笘薫【写真:Getty Images】
ブライトンの三笘薫【写真:Getty Images】

プレミア第15節ウォルバーハンプトン戦で大活躍も、ある行いが物議

 イングランド1部ブライトンの日本代表FW三笘薫は、現地時間11月5日に行われたプレミアリーグ第15節ウォルバーハンプトン戦(3-2)に2試合連続で先発出場し、今季初ゴールを含む全3得点に絡む活躍で勝利に貢献した。前半にも相手DFネルソン・セメドを退場に追い込んだが、この際に見せたジェスチャーが物議を醸している。

 2試合連続のスタメン起用となった三笘は前半10分、左サイドから右足アウトサイドのパスをゴール前へ送ると、これがベルギー代表FWレンドロ・トロサールを経由してイングランド代表MFアダム・ララーナへ。元イングランド代表MFがこれをゴールに収めてブライトンが先制した。一度は逆転されたものの、前半44分に三笘が待望のプレミア初ゴールを決めて同点に追い付くと、後半には三笘の突破を起点にDFパスカル・グロスの決勝ゴールが生まれている。

 議論の的となっているのは、前半アディショナルタイム、三笘が敵陣左サイドへのボールに抜け出し、堪らずファウルを犯した相手DFネルソン・セメドにレッドカードが提示されたシーンだ。レッドカード自体ではなく、ファウルを受けた三笘が主審に向かってカードを要求するようなジェスチャーを見せたことが話題を呼んでいる。

 英地元メディア「サセックス・エクスプレス」では「ウルブズ戦の三笘は電撃的な活躍だったが、レッドカードの要求は受け入れられない」と見出しを打ち、コラム形式でこの件に注目。次のように報じている。

「ネルソン・セメドのタックルは明らかなファウルだったが、その後の行いは私を含むアルビオンのファンに悪い後味を残した。レフェリーのグラハム・スコットはすでに笛を吹いていたが、三笘からはレッドカードを振る仕草によって迎えられた」

「これは反則ギリギリの行いであり、ダイブや怪我のフリと同じくらい、現代のゲームでこのような態度に存在の余地はない。つばを吐く行為ともそう遠くないものだ」

 そして、記事では「もし次に彼がこうした行為を日本対イングランドの試合でして、イングランドの選手が退場になったら? もっとも、そんなことは起こらないはずだ。彼はまだ若く、すべての分別が付いているわけではなかったのだろう」として、「1度目は若さや経験不足で済まされる。2度目をやってしまえば、プレミアリーグ全体のファンから望まない評判を得ることになってしまう」と警告している。

 大活躍の一方、その振る舞いに地元メディアやファンから苦言を呈されることになってしまった三笘。ブライトンは現地時間9日のリーグカップ3回戦でプレミアリーグ首位のアーセナルと対戦する。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド