柏10番マテウス・サヴィオ、「J1月間ベストゴール」を自己解説 圧巻弾の“一瞬”に隠された感覚の世界「ベストの選択ができた」

柏で活躍するMFマテウス・サヴィオ【写真:小林 靖】
柏で活躍するMFマテウス・サヴィオ【写真:小林 靖】

【独占インタビュー】5月度「J1月間ベストゴール」受賞、マテウス・サヴィオのスーパーゴール

 Jリーグでは各月のリーグ戦において最も優れたゴールを選定するなか、5月のJ1月間ベストゴールには柏レイソルMFマテウス・サヴィオが受賞した。5月29日の第16節、清水戦(3-1)の前半13分、MF戸嶋祥郎の横パスを受けたマテウス・サヴィオは、足の裏でボールをコントロールして、右足でシュートフェイントを入れてDFをかわすと、そのまま切り返して左足を振り抜く。鋭いシュートが日本代表GK権田修一の守るゴールに決まった。今季から柏の10番を背負うアタッカーに、スーパーゴールを解説してもらった。(取材・構成=FOOTBALL ZONE編集部)

   ◇   ◇   ◇

――マテウス・サヴィオ選手が挙げたゴールが、5月の月間ベストゴールを受賞しました。まずは心境を聞かせてください。

「非常に嬉しく思いますし、こうした活躍を継続できるように、これからも頑張っていきたいと思います。ただ、個人賞の受賞は、とても嬉しいのですが、チームワークのおかげで個人賞が生まれています。チームメイトがパスを出してくれたり、スペースを空けるための動きをしてくれたりした結果、最終的に私がゴールを挙げることができたことは、忘れてはいけません」

――ゴール後のパフォーマンスでは、みんなと喜びを分かち合っていましたが、そういう気持ちからだったのですか?

「この試合の前日が、息子の誕生日だったのです。それで、ハッピーバースデーの拍手をしてから、先発の選手たちだけではなく、ベンチの選手たちも含めて、みんなにゴールを祝ってもらえて、本当に良かったです」

――素晴らしいゴールでしたが、決まった時は、どんな感情でしたか?

「点を取った時の感情は、言葉で上手く表現できないくらい、いろいろなものがこみ上げてきます。特にあの試合は、得点になるまで、結構、拮抗したゲームでした。幸いにも私が点を取ることができましたし、ちょっと難しいように見えたプレーだったかもしれませんが、点を取れたことで、気持ちを爆発させることができました」

――今シーズンは、ドリブル、フリーキック、パス、すべてのパフォーマンスが高いですが、マテウス・サヴィオ選手の一番の武器は何ですか?

「ゲームのなかで、スペースは限られています。もし、自分より良い状況でシュートを打てる味方がいれば、そこにパスを選択します。私がゴールだけに執着してプレーしていたら、おそらく良いことはないでしょう。自分が本当に確信をもって、『打てる』『蹴れる』と思った時はシュートを打ちますが、確率的に低いと思った時は、チームメイトへのパスを選択します。個人のパフォーマンスも大事ですが、チーム全員の力を集結して、総合力で戦わないといけないと思っています」

今、あなたにオススメ

トレンド