「マジで神ってる」 大津祐樹が電光石火の2ゴール、“2分の逆転劇”に驚き「すげぇ」

元日本代表FW大津祐樹が2ゴールで磐田を逆転勝利に導く(写真左)【写真:Getty Images】
元日本代表FW大津祐樹が2ゴールで磐田を逆転勝利に導く(写真左)【写真:Getty Images】

後半途中出場の大津が2分間で2ゴールを挙げ磐田が逆転勝利

 J1ジュビロ磐田は4月28日にリーグ第10節で名古屋グランパスと対戦。1点を先制されたなか、元日本代表FW大津祐樹が2分間で2ゴールと躍動し「ヒーローだあ!!」「マジで神ってる」と、話題をさらっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 磐田は前半43分、名古屋のパスワークで守備を崩され、GKアレクセイ・コシェレフが釣り出された無人のゴールにFWマテウス・カストロにシュートを決められ失点。その後はチャンスを作りながらも決め手を欠いたなか、後半26分から途中出場した大津が試合終盤に躍動する。

 後半39分、MF遠藤保仁からのコーナーキックを、ニアサイドで頭で合わせ同点ゴールをもたらす。さらにその1分後、ペナルティーエリア手前でボールを受けたなか、トラップからワンフェイク入れて右へ持ち出すと、そのまま右足を一閃。強烈なシュートがゴールネットに突き刺さり、わずか2分で2ゴールをマークし、逆転勝利に貢献した。

 電光石火の2ゴールでチームを勝利に導いた大津に、ファンからは「すげぇぇぇぇ」「かっこよすぎる」「ヒーローだあ!!」「マジで神ってる」「痺れた!」「出来過ぎ」と称賛の声が相次いで寄せられた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング