「漫画やん!このゴール」 Jリーグの圧巻“12本パスワーク”海外高評価、ファン「凄すぎる」「誇らしい」

京都のパスワーク弾が海外で話題(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】
京都のパスワーク弾が海外で話題(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】

京都が披露、柏戦の圧巻パスワーク→フィニッシュシーンが海外反響

 J1京都サンガF.C.の華麗なパスワークシーンが反響を呼び、自陣からパス12本をつなぎ、フィニッシュへと持ち込んだ一連のプレーを海外メディアが続々と称賛。12年ぶりのJ1昇格を果たしたチームへの賛辞に、ファンからは「凄すぎる」「シンプルに誇らしい」と、感嘆の声が上がっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 熱視線が注がれているのは、4月17日に行われたJ1リーグ第9節、京都がアウェーで柏レイソルと対戦した一戦の先制シーンだ。前半13分、京都は自陣後方でDF白井康介がDF井上黎生人へバックパス。井上はGK上福元直人へつなぎ、相手が寄せてきたところでDF麻田将吾へ預ける。ゴールライン際でパスを受けた麻田は、ゴール前を横切る大胆なパスを通し、逆サイドの井上へ届けた。

 ここからさらに、華麗なパスワークが展開される。ボールはペナルティーエリア(PA)内でボールを持った井上からサポートに来た白井へ。白井からFWピーター・ウタカ、MF福岡慎平とダイレクトでつながり、中央から駆け上がったMF武田将平へ展開。ボールを持ち出した武田から、右サイドハーフのMF山田楓喜、中央の福岡、PA内のMF松田天馬とパスがつながり、最後はDF荻原拓也が右足シュートを突き刺した。

 自陣から12本のパスをつないだこのシーンは海外で反響を呼び、アルゼンチン紙「Ole」が「ペップ・グアルディオラ率いる歴史あるバルセロナ、あるいはマンチェスター・シティにふさわしい、壮大な動きを完成させた」と注目。さらに、米スポーツ専門局「ESPN」のサッカー番組「ESPN FC」公式ツイッターでも「京都サンガが見事なチームゴールを決めた」と称賛されるなど、反響が広がっている。

 海外メディアからの高評価を受け、国内ファンからは「京都サンガが世界中で絶賛されている」「シンプルに誇らしい」「これは凄いわ!」「漫画やん!このゴール」「世界の京都サンガ」「凄すぎる」といった驚きと感嘆の声が並んでいた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング