「これは良い!」 J1清水「30周年記念ユニフォーム」発表、“地図柄”の初代デザイン復活に称賛「買うしかない」

清水が「30周年記念ユニフォーム」のデザインを発表
清水が「30周年記念ユニフォーム」のデザインを発表

1992年のクラブ発足当初に着用した初代ユニフォームをオマージュ

 J1清水エスパルスは4月20日、「30周年記念ユニフォーム」のデザインを発表。1992年のクラブ発足当初に着用した初代ユニフォームをオマージュした1着に「カッコいい」「これは良い!」といった賛辞が続々と上がっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 清水は、クラブ創設30周年を記念した「30周年記念ユニフォーム」のデザインを発表。今年7月2日(土)に国立競技場で開催される「クラブ創設30周年記念マッチ」での着用を皮切りに、7月の各試合で着用が予定されている。

 記念ユニフォームのデザインは、92年のクラブ発足当初に着用した初代ユニフォームをオマージュし、当時の地図柄を踏襲しつつ、ソリッドな印象に仕上げたもの。カラーはクラブ発足当初のマンダリンオレンジと現代のエスパルスオレンジを組み合わせて、過去と未来の調和を表現したという。

 デザインはクラブの公式SNS上でも公開されており、ファンは「これは良い!」「買うしかない」「カッコいい」「やっぱ地球儀柄はいい!」「エスパルスの歴史を表すデザイン」「レトロなデザインがカッコいい」といった賛辞の言葉を並べていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング