「リバプールみたい」 J1京都、10人経由の“完璧パスワーク弾”にファン仰天「凄いゴール」

ゴールを決めた京都DF荻原拓也(※写真左)【写真:Getty Images】
ゴールを決めた京都DF荻原拓也(※写真左)【写真:Getty Images】

京都は柏に2-0と勝利して暫定5位浮上、先制点のコンビネーションに反響

 京都サンガF.C.が4月17日のJ1リーグ第9節で柏レイソルに2-0と勝利し、今季4勝目を手にして暫定5位に浮上した。12年ぶりJ1挑戦で旋風を巻き起こすなか、柏戦の「完璧パスワーク」からの先制弾が話題となっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 前半13分、柏がGK上福元直人へのバックパスへ猛プレスをかけ奪いに来るも、京都はゴール前で上福元、DF麻田将吾、DF井上黎生人、DF白井康介が冷静にパスをつないでいなし、白井が自陣に降りてきたFWピーター・ウタカへパスを入れると一気にスピードアップ。ワンタッチで右前方のMF福岡慎平へ渡すと、中央へ走り込んだMF武田将平へ。

 少し運んで右サイドのMF山田楓喜へ展開するとペナルティーエリア手前の福岡へ送り、縦パスでMF松田天馬を経由して上がってきたDF荻原拓也がエリア内でシュートを放ち、相手DFに当たってネットを揺らした。

 この自陣深くからのコンビネーションが生み出した先制点に、ファンからは「完璧なビルドアップ」「リバプールみたいなスピード感」「凄いゴールだよな」「まさにキジェスタイル」「お手本のようなサイドバックのインナーラップ」と称賛の声が相次いでいた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング