南野が2度の決定機活かせず… 日本、豪州ゴールに迫るも0-0でハーフタイムへ

両チーム無得点でハーフタイムを迎えた【写真:AP】
両チーム無得点でハーフタイムを迎えた【写真:AP】

勝てば本大会出場が決まる大一番、アウェーで宿敵オーストラリアと対戦

 日本代表は3月24日にワールドカップ(W杯)アジア最終予選の敵地オーストラリア戦に臨み、両チーム無得点でハーフタイムを迎えた。

 全10試合の最終予選で9試合目となるこのゲームで、B組で2位の日本は勝利すれば出場権が確定。引き分けでも優位な状況を最終戦の本拠地ベトナム戦に持ち帰ることができ、敗戦すると勝ち点で並ぶものの得失点差で逆転される状況でこの試合を迎えた。

 日本はイングランド・プレミアリーグの強豪アーセナルでプレーするDF冨安健洋、浦和レッズのDF酒井宏樹、ヴィッセル神戸のFW大迫勇也とこれまでの森保ジャパンを支えてきたメンバーが負傷欠場。森保一監督は、DF板倉滉、DF山根視来、FW浅野拓磨をスタメンのピッチに送り込み、4-3-3システムを継続した。

 雨でピッチが滑りやすくボールスピードも上がる環境で、オープニングシュートは日本だった。前半1分、右サイドから入ってきた低く速いクロスをMF南野拓実が中央で収めると、そのまま反転して右足シュート。相手GKにセーブされたものの、積極的な入りを見せた。

 全体に日本が主導権を握り、ペナルティーエリア内に入り込む場面を作るも決定機を生み出すには至らずゲームが進んだ。逆に同25分、相手CKがGK権田修一の頭を越えたところをファーサイドで合わせられゴールネットを揺らされたが、直前の競り合いがオーストラリアのファウルと判定されて事なきを得た。

 日本は同32分にFW伊東純也の突破からのクロスを南野がヘディングで狙うも、クロスバーとゴールポストに当たってわずかにゴールには入らず。同37分にはDF吉田麻也のロングボールを受けたDF長友佑都が抜け出し、マイナスのラストパスを南野が押し込もうとするもクロスバー。立て続けに決定機を逃す形で、雨中の決戦は0-0のまま前半を終えた。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング