「絶対に見たほうがいい」 鹿島FW鈴木優磨、アンストッパブルな「地を這うロケットシュート」に反響

鹿島FW鈴木優磨【写真:小林 靖】
鹿島FW鈴木優磨【写真:小林 靖】

後半9分、こぼれ球に走り込んで右足で豪快シュート

 鹿島アントラーズは3月11日、敵地でのJ1リーグ第4節ヴィッセル神戸戦に2-0で勝利した。今季リーグ戦2点目を挙げたFW鈴木優磨のゴールを、スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターが「地を這うロケットシュート」と伝えている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 鹿島は前半7分、コーナーキックの2次攻撃からDF常本佳吾がゴール前へ浮き球のパスを送り、ファーサイドのDFブエノが頭で中央へ折り返し。最後は神戸DF菊池流帆に競り勝ったMF三竿健斗が打点の高いヘディングシュートを決めて、先制に成功する。

 さらに、1点リードで迎えた後半9分、鹿島はカウンターを発動。MF土居聖真のボールにFW上田綺世が潰れ、こぼれに対して走り込んだ鈴木がペナルティーエリア手前から右足を一閃。低く抑えたボレーシュートは、相手GK飯倉大樹の手を弾き飛ばし、追加点となった。

 スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターは、「鈴木優磨の地を這うロケットシュート」とゴールシーンを振り返るとともに、「ゴール後には岩政大樹コーチと“漢の抱擁”を交わす」と紹介。「カッコいい」「絶対に見たほうがいい」「このゴールは止められない」「能力はズバ抜けてる」など、ファンから感嘆の声が上がっていた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング