神戸がリーグ開幕6戦未勝利 主将イニエスタを途中投入もホームで鹿島に0-2敗戦

神戸はイニエスタ途中出場も敗戦【写真:高橋 学】
神戸はイニエスタ途中出場も敗戦【写真:高橋 学】

2トップの負傷離脱の影響もあり、開幕6試合で3分3敗

 ヴィッセル神戸は3月11日、ホームでのJ1リーグ第4節で鹿島アントラーズと対戦。前半に1点ずつを奪われて0-2で敗れ、開幕から6戦未勝利(3分3敗)となった。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 神戸は日本代表FW武藤嘉紀が、左膝内側側副靭帯損傷で全治8~10週間の長期離脱が決定。FW大迫勇也も負傷で前節に続いてベンチ外となり、前線にはFWリンコンとMF佐々木大樹が入った。

 そのなかで、前半7分、鹿島がセットプレーの2次攻撃からDF菊池流帆に競り勝ったMF三竿健斗が打点の高いヘッドを決めて先制。1点ビハインドの状況が続き、神戸は元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタとスペイン人MFセルジ・サンペール投入を準備したところで、後半9分に鹿島FW鈴木優磨にゴール前のこぼれ球を押し込まれてリードを広げられた。

 神戸はイニエスタが入り、元日本代表DF酒井高徳がゴール前でシュートを放つなどチャンスはあったが、ゴールはこじ開けられず。そのまま0-2で敗れ、元日本代表のMF山口蛍やMF扇原貴宏も含めて経験豊富な選手が揃いながらも、リーグ戦6試合未勝利と苦しんでいる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング