前田大然は「エネルギーに満ちあふれていた」 ECL意地のヘディング弾を地元紙評価

ポデ/グリムト戦で1ゴールを決めたFW前田大然【写真:Getty Images】
ポデ/グリムト戦で1ゴールを決めたFW前田大然【写真:Getty Images】

ECL決勝トーナメント・プレーオフ第1戦でポデ/グリムト相手にゴールを奪取

 スコットランド1部セルティックは、現地時間2月17日にホームで開催されたUEFAヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)の決勝トーナメント・プレーオフ第1戦で、ノルウェー王者のボデ/グリムトに1-3で敗れた。日本代表FW前田大然はフル出場でチーム唯一のゴールを挙げ、地元紙の選手採点でも唯一の及第点を得ている。

 前半6分に先制点を許したセルティックは、後半10分にも追加点を奪われ、苦しい展開が続く。そのなかで、意地を見せたのが前田だった。

 2点ビハインドの後半34分、クロアチア代表DFヨシプ・ユラノビッチの右サイドからのクロスにニアへ飛び込んで頭で合わせ、鮮やかにネットを揺らしてみせた。これでセルティックは息を吹き返すかと思われたが、その2分後に3点目を奪われ、ボール支配率56%対44%、シュート数13対7と相手を上回りながら1-3とホームで痛い黒星を喫した。

 スコットランド紙「デイリー・レコルド」は、試合後に選手採点を実施。「ダイゼン・マエダのゴールはユーロの希望を提供」と見出しが打たれており、攻撃陣では唯一となる及第点の「6点」で、「エネルギーに満ちあふれ、セルティックをゲームに引き戻すゴールを決めた。しかし、時折訪れたチャンスで、ファイナルサードでの仕事を焦っていた」と得点への評価と数少ないチャンスを逃していたことの両方に触れている。

 欧州カップ戦初ゴールで今季公式戦4点目を記録した前田。2月24日に行われる敵地での第2戦で、チームを勝利に導き、ECLグループリーグ首位通過8チームが待つラウンド16を果たせるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング