新潟が高知キャンプの一時休止を発表 コロナ陽性判定、濃厚接触者以外の選手が練習も「感染が拡大する危険性が高まる」と判断

新潟が高知キャンプの一時休止を発表(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】
新潟が高知キャンプの一時休止を発表(※写真はイメージです)【写真:Getty Images】

トップチームの選手計8名を隔離してトレーニングを継続するも、1月19日に一時休止を決断

 J2アルビレックス新潟は1月19日、トップチームが行っている高知でのキャンプトレーニングを一時休止することを発表した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 新潟は前日の1月18日、同17日にトップチームの選手1名が新型ウイルス感染症の陽性判定を受け、当該選手は新潟県内の医療機関で療養していることを発表。トップチームの選手7名が濃厚接触者である判定もされ、クラブ独自の判断により、濃厚接触者となった選手は17日から隔離しているとしていた。

 クラブリリースによれば、陽性反応のあった選手、濃厚接触者となった選手以外はトレーニングを継続してきたが、「このままトレーニングを継続することにより、新型ウイルスの感染が拡大する危険性が高まる」と判断し、キャンプトレーニングを一時休止することにしたという。

 新潟は「今後は、チーム内における感染状況や継続的に実施するPCR検査・抗原検査の結果などを踏まえ、トレーニング再開の判断を行ってまいります」とコメントしている。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング