久保建英の劇的決勝弾、内田篤人&佐藤寿人が絶賛「上手いなぁ」「大仕事やってのけた」

マジョルカでプレーするMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカでプレーするMF久保建英【写真:Getty Images】

アトレティコで久保が決勝ゴール、元日本代表FWが解説

 元日本代表FW佐藤寿人氏が、スポーツチャンネル「DAZN」の番組「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」にゲストで登場。MCを務める元日本代表DF内田篤人氏とともに、スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英が先日のアトレティコ・マドリード戦で決めたゴールについて絶賛している。

 マジョルカは、現地時間12月4日に行われたリーガ・エスパニョーラ第16節でアトレティコと対戦。久保は0-1と劣勢の後半29分から途中出場すると、直後にDFフランコ・ルッソが同点ゴールを奪う。

 1-1で迎えた後半アディショナルタイム1分、ハーフウェーライン付近から飛び出した久保がパスを受けると、そのままドリブルで持ち込み、スロベニア代表のGKヤン・オブラクの股下を射抜く左足のシュートを流し込んで劇的決勝ゴール。久保の一撃でマジョルカが2-1と逆転勝利を収めた。

 番組内で久保のゴール映像をチェック。佐藤氏は「良かったのは、ボールを奪ってから1つも動きを止めずに走り続けたことですよね。相手が来るのを確認しながら持ち出して、冷静にオブラクの股を抜いた。大仕事をやってのけた」と手放しで賛辞を送り、内田氏も思わず「上手いなぁ…」と感嘆の声を漏らしている。

 内田氏は「僕、先週言いましたもん。アトレティコ相手にやっちゃうかもよって」と予言を的中させて満足げな表情を浮かべつつ、転んだ久保のゴールセレブレーションにも触れ「あれはダメよ、膝痛いから」とユーモアたっぷりに言及していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング