「芸術的高速カウンター」 レアル、相手翻弄の美しい連係弾に称賛の嵐「お手本のよう」

レアル・マドリードの連携弾に注目【写真:AP】
レアル・マドリードの連携弾に注目【写真:AP】

レアル、美しい連係からのカウンター弾が称賛

 レアル・マドリードは11月21日、リーガ・エスパニョーラ第14節グラナダ戦で4-1の快勝を収めた。この試合、レアルのタレントが美しい連係を見せた見事なカウンター弾が称賛されている。

 アウェーのグラナダの地へ乗り込んだレアルは、前半から強さを見せ、前半19分にMFマルコ・アセンシオ、同25分にはDFナチョがそれぞれ決め2点を先制。その後、グラナダに1点返されるも2-1で前半を折り返す。

 そして後半11分、見事な連係弾はレアルのエースFWカリム・ベンゼマ起点で始まる。自陣で奪ったところから中央への縦パスを受けたベンゼマが一回溜めてからバックラインにいたMFカゼミーロに落とすと、ダイレクトで右サイドのスペースへ。前線へ抜け出したベンゼマが今度は前向きでボールを受けると一気にドリブルでペナルティーエリア付近まで運ぶ。

 ヴィニシウス・ジュニオールが中央へボールをもらいに行ったのを囮にベンゼマは左でフリーとなったMFルカ・モドリッチへスルーパス。相手キーパーが釣り出されたところで再度動き出していたヴィニシウスに折り返し、冷静にゴールネットを揺らした。

 この華麗なカウンター弾に「完璧」「マドリーの芸術的高速カウンター」「お手本のよう」「シンプルで美しい」「カウンターの破壊力、威圧感は世界一」と“レアルらしさ”の詰まった一撃にファンからも賛辞が集まっている。また、アシストしたモドリッチのプレーに「モドリッチ流石過ぎる」「IQ高すぎ」「若手に花を持たせるモドリッチ好き!」の質の高さが改めて注目されていた。

 試合はその後レアルが追加点を決め4-1で快勝し、これでレアルは直近のリーグ戦で5戦無敗。攻撃が好調を維持するなかで、リーグ1位をキープしている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング