「調子の悪い選手は外すべき」 闘莉王、森保ジャパンで“セット起用”を推奨する2人とは?

元日本代表DF闘莉王氏【写真:荒川祐史】
元日本代表DF闘莉王氏【写真:荒川祐史】

調子の上がらない大迫、南野の先発起用する森保監督の采配を疑問視

 森保一監督率いる日本代表は、11月16日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第6節オマーン戦で1-0と勝利した。元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は、前節ベトナム戦(1-0)に続き、機能不全の前半45分となった指揮官の起用法に不満爆発。「日本代表があまりに酷いので…」と森保ジャパンの代わりに反省の丸刈りヘアにしたことを明らかにしたうえで、途中出場で活躍したMF三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)とFW古橋亨梧(セルティック)の先発起用を求めている。

 闘莉王氏の公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」の最新テーマは、オマーン相手に敵地で勝ち点3を手にした森保ジャパン。だが、闘将は冒頭で「日本代表があまりにも酷いので、僕がボウズにしました」と告白。現役時代に有名だったポニーテールヘアから、丸刈りヘアへの変貌の理由を明かしている。

 辛勝のベトナム戦では乏しい試合内容だったが、オマーン戦では出場停止のMF守田英正(サンタ・クララ)をMF柴崎岳(レガネス)に代えた以外は、メンバーを代えず。闘莉王氏は、本調子ではないFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)と決定機を逃したMF南野拓実(リバプール)の先発起用を続ける森保監督の采配を批判していた。

「だからこそ、古橋は先発で使うべき。調子の悪い選手はどんどん外すべき。調子が戻れば、それなりに使ったほうがいいかもしれないが……」と苦言。「勢いがいい選手が出ていると、代表にもいい勢いが出る。楽に守れる。変なピンチもない」と力説したうえで、「今なら三笘と古橋をセットで考えるべき」と話していた。

 代表愛ゆえに激アツの“闘莉王節”が飛び出す最新回になっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド