「これは取られる」 伊東純也の“幻のゴール”、元日本代表DFがオフサイドシーンに見解

日本の2点目はオフサイドで取り消し【写真:高橋 学】
日本の2点目はオフサイドで取り消し【写真:高橋 学】

「DAZN」の「岩政・内田の裏チャンネル」で解説

 森保一監督率いる日本代表は、11月11日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第5節でベトナムと対戦。前半を1-0で折り返したが、MF伊東純也(ヘンク)がカウンターからネットを揺らすもオフサイドで取り消しとなったシーンについて、元日本代表DF岩政大樹氏はスポーツチャンネル「DAZN」の「岩政・内田の裏チャンネル」で、「これは取られる」と見解を述べた。

 2勝2敗で11月シリーズを迎えた森保監督は、ベトナム戦にFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)、DF長友佑都(FC東京)ら経験豊富な選手を起用。右サイドバック(SB)にはDF山根視来(川崎フロンターレ)を入れ、MF遠藤航(シュツットガルト)、MF田中碧(デュッセルドルフ)、MF守田英正(サンタ・クララ)とボランチ3枚体制で4-3-3システムを継続採用した。

 5バック気味のベトナムに対し、日本は前半17分に牙をむく。大迫が敵陣で相手を背負いながら落とし、MF南野拓実(リバプール)が左サイドを持ち上がって左足で折り返し。これをフルスプリントで駆け込んできた伊東が蹴り込み、素早い展開から日本が鮮やかに先制した。

 その後は一進一退の攻防が続くなか、追加点が生まれたと思われたのは前半40分だった。日本は立て続けのセットプレーを守ると一気にカウンターを仕掛け、スピードのあるドリブルで突破した伊東が貴重な追加点を右足でゲットしたかに見えたが、オフサイドポジションの田中がシュート地点とGKを結ぶライン上にいたことがビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の進言と映像確認で認められてノーゴールとなった。

 スポーツチャンネル「DAZN」の「岩政・内田の裏チャンネル」で、岩政氏と内田篤人氏もこのシーンを分析。岩政氏は「このパターンはよくある。これはライン引かないと分からない」と語り、スロー映像での検証シーンが映し出されると、「これは取られると思う。ディフェンスラインを越えてしまったのは確認できて、あとは関与かどうか」と見解を述べ、直後に主審がオフサイドによるノーゴール判定が下された。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング