「抗議してほしい」 J2京都×山口の誤審疑惑ジャッジにファン悲痛「試合壊された」

京都DFヨルディ・バイス【写真:Getty Images】
京都DFヨルディ・バイス【写真:Getty Images】

1-1で迎えた試合終盤、DFバイスのシュートに対する判定が物議に

 J2リーグ第35節の京都サンガF.C対レノファ山口戦(1-1)で、京都側に”誤審疑惑”のジャッジが下されたことで波紋が広がった。この騒動の余波は拡大しており、ファンからは「抗議をしてほしい」「今でも悔しい思い」といった悲痛の声が上がっている。

 問題となったのは、1-1のスコアで迎えた後半43分のシーンに対するジャッジだ。敵陣ゴール前へ攻め込んだ京都は、ペナルティーエリア内でパスをつなぎ、最後はDFヨルディ・バイスが右足を一閃。強烈なシュートはクロスバーに当たり、落下したボールを相手GKがキャッチした。

 主審はノーゴールとジャッジし、試合はそのまま続行。しかしこのシーンをスロー映像で見ると、シュートの落下地点がゴールラインより内側にあるようにも見えたことから、試合のハイライト映像が公開されたJリーグ公式YouTubeチャンネルには、ファンから「明らかに入ってる」「議論の余地なくゴール」などの声が寄せられていた。

 この”誤審疑惑”の余波は広がっており、京都の公式YouTubeチャンネルにアップされたハイライト映像に対するコメント欄にも「チームとしてここはしっかり抗議をしてほしい」「今でも悔しい思いです」「ちゃんとした普通の審判にジャッジしていただきたい」「真剣にJ2にもVAR導入して欲しい」「この試合は審判に壊された」といった悲痛の声が続々と上がっている。

 京都は現在、来季のJ1昇格圏内の2位につけているが、残り7試合で3位ヴァンフォーレ甲府とは勝ち点6差。重要な局面を迎えているなかで、山口戦での引き分けにより、ホームでの連勝は5でストップした。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング