「なんで!」 相手選手も絶叫、G大阪GK東口の超至近距離スーパーセーブが反響拡大

G大阪守護神GK東口順昭【写真:Getty Images】
G大阪守護神GK東口順昭【写真:Getty Images】

浦和戦での好セーブをJリーグ公式ツイッターが3本の動画で特集

 ガンバ大阪の元日本代表GK東口順昭は、今季全32試合でゴールマウスを守り、J1リーグ14位(9勝7分16敗)と苦しむチームで孤軍奮闘している。そのなかで、Jリーグ公式ツイッターは、16日のJ1リーグ第32節・浦和レッズ戦の好セーブを3つの投稿に分けて取り上げている。

 G大阪は16日のJ1リーグ第32節で浦和レッズと対戦。一進一退の攻防でスコアレスのまま試合終盤まで進んだなか、後半アディショナルタイム1分に浦和FW江坂任にゴールを決められ、苦しい状況に。それでも、同4分にブラジル人FWパトリックが値千金の同点弾をマークし、1-1で勝ち点1を手にした。

 そのなかで、パトリックに負けない殊勲の働きを見せたのがGK東口だ。後半アディショナルタイム6分、浦和MF小泉佳穂のペナルティーエリア外からの鋭い左足ミドルを横っ飛びでセーブ。さらに浦和の攻撃が続き、小泉、MF大久保智明とつなぎ、DF西大伍のシュートのこぼれ球がゴール前でフリーのMF田中達也の元へ渡ったが、東口が鋭い反応でシュートをキャッチし、この絶体絶命のピンチを切り抜けた。これには、相手選手からも「なんで!」と悔しがる声が上がったほどだった。

 東口はほかにも、前半45分に浦和FW江坂任のペナルティーエリア内からの鋭いシュートを右手一本で弾き、後半15分にも浦和MF汰木康也との1対1を制してゴールを許さず。まさに“守護神”というパフォーマンスだった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング