W杯出場へ暗雲の日本、オマーン&中国と3位グループ形成 サウジ&豪州と勝ち点6差

日本代表はサウジアラビアに敗れ、勝ち点の差は「6」に【写真:Getty Images】
日本代表はサウジアラビアに敗れ、勝ち点の差は「6」に【写真:Getty Images】

各グループ2位以内はW杯本戦へストレートイン、3位はプレーオフへ

 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で日本の入るグループBは、7日に各地で第3節の試合を実施。サウジアラビアに敗れた日本は中国、オマーンと3位グループを形成する苦しい立場になった。

 初戦でオマーンに0-1と敗れた日本。続く中国戦で1-0と勝利した中、敵地サウジアラビアに乗り込んだ。前半にMF柴崎岳の無回転ミドルや、MF鎌田大地のスルーパスでFW大迫勇也が抜け出すチャンスがあったものの得点できず。逆に後半26分に、柴崎のバックパスがDF吉田麻也に合わず、背後に転がったボールをそのまま持ち込まれて失点し、0-1で2敗目を喫した。

 他では、オーストラリアがオマーンとホームゲーム扱いの中立地カタールで対戦。前半を1-1で折り返し、後半にファジアーノ岡山所属のFWミッチェル・デュークらが2点を奪って3-1の勝利を収めた。中国はベトナムをホームに迎え撃ち、試合終了間際の決勝ゴールで3-2の勝利を手にしている。

 この結果、サウジアラビアとオーストラリアが3連勝の勝ち点9で並んだ。そして、日本、オマーン、中国の3チームが勝ち点3で3位グループを形成。ベトナムは3連敗の勝ち点0となっている。

 アジア最終予選では、各グループ2位以内は本戦へのストレートインの権利を手にするが、3位はグループAの3位と対戦するアジア5位決定プレーオフに臨む。そして、そのプレーオフに勝利すると、他に北中米カリブ海地区の4位、南米の5位、オセアニアの1位を交えた大陸間プレーオフに進む。前回大会と同じ方式になれば、その4チームが組み合わせ抽選会を行い、2チームずつに分かれてホーム&アウェーの対戦で勝者が本大会に進む。

 まず2位以内を目指す日本は、次戦にオーストラリアをホームに迎えるゲームは絶対に勝ち点3が必要な状況になった。グループBの順位表は以下の通り(左から順位、国名、勝ち点、得失点差の順)。

1位:オーストラリア 9 +6
2位:サウジアラビア 9 +4
3位:日本      3 -1
4位:オマーン    3 -2
5位:中国      3 -3
6位:ベトナム    0 -4

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング