「足りていなかった」 遠藤航、サウジ戦の敗因を分析「相手が上回っていた」

MF遠藤航はスタメン出場し迫力のあるプレーを見せるも…【写真:ⓒJFA】
MF遠藤航はスタメン出場し迫力のあるプレーを見せるも…【写真:ⓒJFA】

0-1でサウジに敗れ「1点勝負でウチが取れれればよかった」

 日本代表は、現地時間7日(日本時間8日)に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第3節の敵地サウジアラビア戦で0-1と敗れた。MF遠藤航は「基本的なところでは相手が上回っていた」と敗因を分析している。

 0-0で迎えた後半26分、MF柴崎岳からDF吉田麻也へのバックパスがミスになり、そのまま持ち込まれて決勝ゴールを奪われた。

 拮抗した展開となったなか、遠藤は「結果は非常に残念だし、アウェーで厳しい戦いになるのは分かっていた。1点勝負でウチが取れれればよかった」と振り返る。

 また敗因についても分析した遠藤は、「1個のボールの動かし方や相手のセカンドボールを拾うところが自分のところでは足りていなかった。奪ったところから、ゴールキックから受けるような動き、縦に入れるようなことができれば。基本的なところでは相手が上回っていた試合だったと思う」と具体的なポイントを挙げた。

 12日には日本でオーストラリア戦が控えている。「大事なのは目の前の試合で勝ち点3を積み上げること。先を見ていても仕方がない。次はホームでできるので勝ち点3を取るだけ。もう負けられないので」と必勝を誓った。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング