「ベテランとして責任感じている」 長友佑都、サウジに敗戦で反省の弁「実力不足」

先発出場したDF長友佑都【写真:Getty Images】
先発出場したDF長友佑都【写真:Getty Images】

良い守備評価も「ボールを取られるミスが多かった」と攻撃面の課題指摘

 痛恨の一敗となった。日本代表は現地時間7日(日本時間8日)、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループB第3節でサウジアラビア代表と対戦し、敵地での試合を0-1で落として早くも2敗目を喫した。

 猛暑のなか、大観衆がスタンドを埋めたアウェーゲームで、日本は苦戦を強いられた。そして後半26分にMF柴崎岳のバックパスのミスから先制ゴールを奪われると、その後の反撃も実らずにノーゴールで90分を終えた。

 試合後、左サイドバックで先発したDF長友佑都は、「負けたということで実力不足」と試合の感想を語り、「ベテランとして責任を感じている」と唇をかんだ。

 そして、試合の敗因について「強い気持ちで一人ひとりが臨んだけど、今日は良い守備ができても、攻撃に移ったところでミスが多く、暑いなかで相手に持たれてしまった。ボールを取られるミスが多かった」と、攻撃面での課題を口にした。

 痛恨の2敗目は、チームに大きな精神的ダメージを与えるものだが、すぐに日本での第4節オーストラリア戦が12日に控えている。長友も「次、オーストラリアとの試合があるので、しっかりリカバーして、気持ちの部分ではしっかり切り替えたい」と、前を向いた。その一方、ポジティブな気持ちの切り替えと同時に、「今日、出た課題を見つめ直して、守備の取った後のつなぎ、FWに入った後の連動性などをやっていかないといけない」と、できなかったことからも目を逸らしてはいけないと強調する。

 W杯本大会での上位進出を目指す日本。アジア最終予選は、絶対に突破しなければならない。痛恨の敗戦を、強くなる材料にすることができるか。森保ジャパンの真価が問われる。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド