柴崎が強烈な無回転ミドルもゴールならず 日本対サウジ、0-0のまま後半へ

迫力のあるプレーを見せたMF遠藤航【写真:AP】
迫力のあるプレーを見せたMF遠藤航【写真:AP】

注目の右サイドハーフに浅野拓磨を起用

 日本代表は、現地時間7日(日本時間8日)にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第3節の敵地サウジアラビア戦に臨み、前半を0-0で折り返した。

 観客動員数の上限と声援の制限が撤廃され、スタジアムは完全アウェーの環境になった。2連勝のサウジに対して1勝1敗の日本は、右サイドハーフで起用されていたMF伊東純也が累積警告で出場停止。MF久保建英とMF堂安律が負傷という状況で人選が注目されたなか、森保一監督はFW浅野拓磨のサイドハーフ起用を決断。2列目の左には第2戦の中国戦(1-0)を欠場したMF南野拓実が入った。

 ボール保持に良さを持つ相手に対して高い位置からのプレスに出た日本は前半6分、MF柴崎岳が距離のある所から強烈な無回転ミドルでサウジゴールを強襲。GKにわずかにコースを変えられて先制点とはならなかったが、積極的な姿勢をピッチに表現した。

 少しずつサウジボールの時間も長くなってきたなかで迎えた同29分、日本は相手ボールを奪ったところからMF鎌田大地が中央に一発で出したスルーパスに、FW大迫勇也が抜け出しにかかった。追いすがるセンターバックの前でGKと1対1になりかけるシーンだったが、ゴール右を狙ったシュートはセーブされてしまった。

 日本はセットプレーから危ない場面を作られることはあったものの、全体的にはゲームの主導権を握ってコントロールしながら時間を進め、0-0のままハーフタイムを迎えた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド