「動き出しが完璧」 39歳イブラヒモビッチ、DFの視界から“消えた”復活弾に称賛の嵐

ACミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ【写真:AP】
ACミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ【写真:AP】

ラツィオ戦に4カ月ぶりの出場、投入後わずか6分で今季初ゴールをマーク

 ACミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは現地時間12日、セリエA第3節ラツィオ戦(2-0)で約4カ月ぶりに戦列復帰を果たし、出場後わずか6分で今季初ゴールをマークした。不滅の39歳ストライカーが決めた一撃の映像を「DAZN」公式ツイッターが公開すると、ファンから「動き出しが完璧すぎる」「この世で最も残忍なランニング」など感嘆の声が上がっている。

 イブラヒモビッチは今年5月9日に行われた2020-21シーズンのセリエA第35節ユベントス戦(3-0)で左膝を負傷し、戦線離脱。3月にはスウェーデン代表復帰を果たしていたが、6月に膝の手術を受けたため、出場が期待されていた欧州選手権(EURO)への参加も断念した。

 そんなイブラヒモビッチがリハビリ期間を経て、4カ月ぶりの実戦復帰を果たした。39歳のカリスマは後半15分にFWラファエル・レオンとの交代でピッチに登場。そして出場からわずか7分後の後半23分、カウンターからFWアンテ・レビッチの左クロスに合わせてチーム2点目をゲットした。

 このゴールシーンを「DAZN」公式ツイッターは、「王様 #イブラヒモヴィッチ 自らの帰還を祝う復帰弾 パスを引き出すようなスピードアップと“獲れる”スペースへのランニングはまさにキングオブストライカー」と称賛の言葉を並べて映像を投稿。ファンからも「DFの背後とって視界から消える動き出しが完璧すぎる」「ゴール前の動き半端ねえ」「さすが神」「全てが完璧」「この世で最も残忍なランニング」など多くの賛辞が寄せられた。

 10月3日には40歳の誕生日を迎えるイブラヒモビッチ。衰え知らずのストライカーは今季、どこまでゴール数を伸ばしファンを魅了してくれるのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング