超人イブラ、4カ月ぶり復帰→今季初ゴール! 一本の三編みの新ヘアスタイルも披露

ACミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ【写真:AP】
ACミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ【写真:AP】

左膝の怪我から約4カ月ぶりに戦列復帰、後半23分にはカウンターから追加点を奪取

 ACミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが現地時間12日のセリエA第3節ラツィオ戦で約4カ月ぶりに戦列復帰を果たし、ピッチに立ってわずか7分で今季初ゴールをマーク。まもなく40歳を迎えるストライカーが健在ぶりを示した

 イブラヒモビッチは今年5月9日に行われた20-21シーズンのセリエA第35節ユベントス戦(3-0)で左膝を負傷し、戦線離脱。3月にはスウェーデン代表復帰を果たしていたが、6月に膝の手術を受けたため、出場が期待されていた欧州選手権(EURO)への参加も断念した。

 そんなイブラヒモビッチがリハビリ期間を経て、4カ月ぶりの実戦復帰を果たした。39歳のカリスマは後半15分にFWラファエル・レオンとの交代でピッチに登場。長く伸びた髪をお団子にまとめた“マンバンヘア”がトレードマークのイブラだが、この日は一本の三編みにまとめた新ヘアスタイルも披露。心機一転の復帰戦となった。

 そして出場からわずか7分後の後半23分にはカウンターからFWアンテ・レビッチの左クロスに合わせてチーム2点目をゲット。いきなりゴールを決める千両役者ぶりを発揮し、2-0の勝利に貢献してみせた。

 伊紙「コリエレ・デッロ・スポルト」によれば、イブラヒモビッチはスパイクの紐が解けたままの状態でゴールを決めていたという。イブラヒモビッチは靴紐を締め直そうとピッチにしゃがみこんだが、その直後にカウンターが発動したため、紐が解けた状態のままゴール前まで猛ダッシュし、ゴールを決めた。

 イブラヒモビッチは試合後にツイッターを更新。手術を行った2021年6月19日と、約3カ月後の復帰戦となった2021年9月21日の日付と写真を投稿し、自身の回復力をアピール。投稿されたゴールセレブレーション時の写真を見ると、確かにスパイクの靴紐が解けていることが確認できる。

 イブラヒモビッチはマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていた2016年にも右膝前十字靭帯損傷の重傷を負ったが、そのときもわずか7カ月でスピード復帰を果たした。10月3日で40歳を迎えるが、“超人”ストライカーの肉体にまだ限界はないようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング