久保建英、ラ・リーガの「ブレイクアウトスター」候補選出 「今が評価を高める時だ」

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

バレンシアMFムサ、ビルバオMFサンセトとともに、ブレイクアウトスター候補に選出

 日本代表MF久保建英は今季、マジョルカに復帰してさらなる活躍を狙う。スペインメディア「フットボール・エスパーニャ」は、「ブレイクアウトスター」候補3人を選出し、その中に久保もノミネートされている。

 昨季バレンシアで17歳288日の若さでトップチームデビューし、スーパーサブとしてリーグ戦32試合に出場した18歳のアメリカ代表MFユヌス・ムサ、アスレティック・ビルバオで3年目を迎える21歳のスペイン人MFオイアン・サンセトとともに名前が挙がったのが久保だ。

 久保は2019年夏にレアル・マドリードと契約し、スペイン1年目はマジョルカ、2年目はビジャレアルとヘタフェに期限付き移籍。そして今季、リーガ・エスパニョーラの舞台に再び戻ったマジョルカへ1年間のレンタルとなった。

 ここまではリーグ戦3試合のうち、2試合で先発出場。9月の国際Aマッチウィークは日本代表の一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨み、7日の中国戦(1-0)ではスタメンに名を連ねて、ポスト直撃のシュートや股抜きを見せるなど、攻撃で存在感を示した。

 記事では、「まだ20歳にもかかわらず、多くのラ・リーガファンは彼が2019年に(レアル)マドリードに加入し、マジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェへローンになったことを知っている」と切り出し、スペイン3年目となる今季が久保にとって真価を問われるシーズンだとしている。

「今シーズンにマジョルカへ復帰し、今が彼自身の評価を高めるべき時だ。それができれば、来年最大のステージであるマドリードでのプレーも見据えられるだろう。魔法のような左足を持ったスキルフルなウインガーは、抜群の創造性を備えている。機敏で、バランスが取れており、パスレンジも印象的だ。ゴールも挙げられる。マジョルカは彼にとって素晴らしい場所だ」

 マジョルカは11日にリーガ第4節でビルバオと対戦。同じくブレイクアウト候補に挙がったサンセトとの直接対決も見られるかもしれない。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング