森保監督が中国戦へにじませた“覚悟” 「結果につながらなかったのが私の反省であり責任」

日本代表を率いる森保監督【写真:©JFA】
日本代表を率いる森保監督【写真:©JFA】

W杯最終予選初戦でオマーンに敗れ、「相手を上回れるようにしないといけない」と言及

 森保一監督率いる日本代表は、7日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第2戦中国戦に臨む。初戦のオマーン戦(0-1)に敗れて厳しいスタートを切ったなか、指揮官はオンライン取材に応じ、「すべて監督の私が準備期間から試合に向けて責任を持ってやらないといけない」と改めて決意をにじませた。

 FIFAランク24位の日本は、ホームでW杯アジア最終予選初戦に挑んだが、コンディションの良いオマーンのプレッシャーをかい潜れずに苦戦。逆に、終盤にサイドを崩されて失点し、まさかの黒星スタートとなった。

 その後、日本はカタールへ移動して中国戦に向けて調整。森保監督は、「戦術面、メンタル面、体力面という準備になるが、海外組が多く、フィットネスの部分で100%ではない」と前置きしたうえで、「現状でできる100%を発揮して戦うこと」をポイントに挙げた。

「オマーン戦の反省で選手に伝えたところと、私自身の反省、与えられた準備期間の中で、海外(リーグでプレーする)の選手がプレシーズンで多くの戦術を学んだ後に代表でのコンセプトにスライド、合わせること。それは国内組もシーズンを戦っているなかだけど、そのギャップを埋める部分では、もっと選手たちに意思統一できる絵を持たせてあげることがやらなければいけないことだったという反省がある。最終予選の厳しさは覚悟しているし、そこで勝ち抜いてW杯に進むと思っているけど、相手があってこそのチーム。日本に対して分析し、死に物狂いで挑んでくるなかで、その上を行く準備をしないといけない」

 森保監督は、オマーン戦後に選手たちとこれまで以上にコミュニケーションを取り、すり合わせを行っているという。

「次の試合から、相手を上回れるようにしないといけない。選手たちにはできることを準備してほしいとは言ったが、すべて監督の私が準備期間から試合に向けて責任を持ってやらないといけない。結果につながらなかったので、私の反省であり責任。試合が終わっての移動から、カタールでのミーティングといろいろなところで、個々に選手が何を感じていたかを聞きながら、私も伝えることをコミュニケーションを取ってやっている」

 日本としては開幕2連敗はできないだけに、中国戦はどんな形でも勝利を掴みにいく覚悟だ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング