川崎&横浜FM「2強体制」の行方は? Jリーグ史に残る優勝争い「デッドヒート3選」

2017年に悲願の優勝を果たした川崎フロンターレ【写真:Getty Images】
2017年に悲願の優勝を果たした川崎フロンターレ【写真:Getty Images】

上位がハイレベルな戦いを演じた印象的なシーズンを回顧、2011年は三つ巴の争い

 今シーズンのJ1リーグは、川崎フロンターレと横浜F・マリノスの“2強”状態になっている。25日には横浜FMが上位のサガン鳥栖にアウェーで4-0と大勝した一方で、川崎はアビスパ福岡に0-1で敗れた。残り12試合で勝ち点差はわずか「1」になっている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ここからどういう展開になっていくのか注目だが、過去にも「2強」及び「3強」によるデッドヒートが繰り広げられたシーズンがある。今回はJリーグの歴史における、代表的なデッドヒートをピックアップした。

■1998年2ndステージ:鹿島アントラーズ&ジュビロ磐田

 2ステージ制だった時代だが、終盤のデッドヒートが記憶に残るシーズンとなった。1stステージは第13節の時点までジュビロ磐田、清水エスパルス、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ、横浜マリノス(この年の2ndステージ終盤に横浜フリューゲルスとの吸収合併を発表)の5チームが勝ち点で並んでいたが、残りの試合で磐田と清水が抜け出し、最後は勝ち点39同士ながら得点王となる中山雅史を擁した磐田が、得失点差で上回ってステージ優勝を果たした。

 2ndステージは途中まで勝ち点の詰まった混戦だったが、1st王者の磐田とリベンジを狙う鹿島が終盤にデッドヒートを繰り広げた。天王山となったのは第15節の直接対決で、鹿島がマジーニョのゴールを粘り強く守り切ると、そのまま磐田の追撃を振り切ってステージ優勝し、年間王者を決めるチャンピオンシップへ。2戦合計4-2で鹿島が磐田に勝利し、栄冠を飾った。

■2011年:柏レイソル&名古屋グランパス&ガンバ大阪

 三者が終盤まで激しい優勝争いを演じたのが、2011年だった。東日本大震災が起き、大幅な日程変更もあったなかで昇格組の柏レイソルと名古屋グランパス、ガンバ大阪が4位以下を10ポイント以上引き離す大混戦となった。

 序盤戦で快調なスタート奪取を切ったのは被災地の希望を背負うベガルタ仙台で、12戦無敗と快進撃を続けたが、13試合目以降に失速。それでも巻き返して4位に食い込む健闘を見せた。中盤戦までは横浜F・マリノスも優勝争いに加わっていたが、後半戦で脱落すると柏、名古屋、G大阪がハイペースに勝ち点を重ねて、首位の柏、2位の名古屋、3位のG大阪がそれぞれ勝ち点「1」差で接近。優勝決定は最終節にもつれ込んだ。

 名古屋はアルビレックス新潟、G大阪は清水エスパルスに勝利。自力優勝の権利があった柏は浦和レッズを相手に、ジョルジ・ワグネルがレアンドロ・ドミンゲスのシュートがポストに当たったこぼれ球を押し込み先制ゴールを挙げる。さらにCKから橋本和が追加点。後半に柏木陽介のゴールで1点を返されるも、再びCKの流れからアカデミー育ちの茨田洋生が貴重な3点目を決めて3-1で勝利した。ネルシーニョ監督は最終節も、普段通りのサッカーができたことを強調していた。

page1 page2

河治良幸

かわじ・よしゆき/東京都出身。「エル・ゴラッソ」創刊に携わり、日本代表を担当。著書は「サッカーの見方が180度変わる データ進化論」(ソル・メディア)など。NHK「ミラクルボディー」の「スペイン代表 世界最強の“天才脳”」を監修。タグマのウェブマガジン「サッカーの羅針盤」を運営。国内外で取材を続けながら、プレー分析を軸にサッカーの潮流を見守る。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」