モウリーニョ節炸裂 大型補強のPSGに皮肉「自分のチームに満足している監督を知っているかい?」

ジョゼ・モウリーニョ監督が大型補強のPSGについて言及【写真:AP】
ジョゼ・モウリーニョ監督が大型補強のPSGについて言及【写真:AP】

ローマは今夏に127億円を投じるも、狙っていたジャカの獲得に失敗

 今季からASローマを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、チーム状況に満足しているかという質問に対し、大型補強で盤石の戦力を揃えるパリ・サンジェルマン(PSG)を引き合いに出して皮肉を飛ばした。英紙「ザ・サン」が報じている。

 2019年11月からトッテナムを率いていたモウリーニョ監督は、成績不振により今年4月に解任された。FCポルト、チェルシー(2度)、インテル、レアル・マドリード、マンチェスター・ユナイテッドとビッグクラブを渡り歩いてきた間で無冠に終わったのはトッテナムが初めてだった。

 そんな失意のロンドン生活を経て、今季からはローマの監督に就任。インテルを去った2010年以来11年ぶりにイタリアへ復帰した。昨季の7位から巻き返しを図るチームはセリエA開幕戦でフィオレンティーナを3-1で撃破し、白星スタートを飾っている。

 そうしたなかで、モウリーニョ監督は記者会見で「現在のチームに満足しているか?」という質問を受けた。これにポルトガル人指揮官は、皮肉たっぷりなコメントで返答した。

「自分のチームに満足している監督を知っているかい? ポチェッティーノは満足しているかもしれないけど、ほかにはいないよ」

「ザ・サン」紙は、このリアクションを「典型的なモウリーニョ流のコメントでジャーナリストに辛口な返答」と伝えている。

 モウリーニョ監督は、今夏の移籍市場で大型補強を進めるフランスのPSGを引き合いに出した。マウリシオ・ポチェッティーノ監督率いる同クラブはバルセロナを退団したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを筆頭に、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、モロッコ代表DFアクラフ・ハキミなどトップレベルの選手と次々に契約。もともとブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペらを擁するフランス屈指のタレント軍団だったチームは格段にスケールアップした。

 一方でローマは3400万ユーロ(約51億円)を投じてチェルシーからイングランド代表FWタミー・アブラハムを引き抜くなど、ここまで市場に計8400万ポンド(約127億円)を投じてきたが、モウリーニョ監督が獲得を熱望していたアーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカの獲得に失敗するなど満足のいく補強はできていなかった。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング