浦和DF槙野、“3バック対策”に手応え 「初めてやる選手の並びでも難なくやれた」

浦和DF槙野智章【写真:Getty Images】
浦和DF槙野智章【写真:Getty Images】

3バックの広島相手に1-0で勝利、臨機応変にシステムを変えて対応

 浦和レッズは25日のJ1リーグ第26節でサンフレッチェ広島に1-0で勝利した。今季の課題になってきた3バックを採用する相手とのゲームで、DF槙野智章は守備面への手応えを話した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 浦和は今季からリカルド・ロドリゲス監督が就任し、選手の入れ替えも多く進むなかでシーズンを戦ってきている。ビルドアップから攻撃の局面では相手に応じて配置が変わるものの、相手ボール時には4-4-2で構えるのがベースになっていた。

 しかし、そのシステムが3バックを採用する相手には効率良く運ばずに苦戦する試合が続き、ロドリゲス監督や選手たちからは課題の一つとして話されてきた。そのなかで迎えたこの広島戦では、臨機応変に4バックと5バックを切り替えながら守る姿があった。

 前半15分に先制点を奪うと、広島がボールを持つ時間が長くなった。浦和は左サイドバックに入った新加入のデンマーク代表歴を持つDFアレクサンダー・ショルツの外側にMF関根貴大が下がってカバーするプレーや、逆にショルツがサイドに出た時はダブルボランチの一角であるMF伊藤敦樹が槙野とショルツの間に入ってスペースを埋め、常に決まった5人で最終ラインを構えるわけではないものの、前線に幅広く選手がポジションを取る広島に対応した。

 試合後に槙野は「今季3バックの相手に対してボールを持たれたり、勝ち点を取りこぼしたりしている試合があり、徳島戦が終わって広島戦までの間に新しいシステム、3枚の形を練習してきてすごく手応えがありました。初めてやる選手の並び、システムではありましたけど、難なくやれたかなと思っています。良い形で前半に点が取れたので、あとは割り切って守るだけだった」と、21日に敵地での徳島ヴォルティス戦を1-0で勝利して中3日の“突貫工事”の成果を話した。

 そのうえで「監督からスタートの配置は指示されているんですけど、自分たちは固定観念を持ちすぎず、臨機応変にやることを意識しています。今、こういうところで人数をかけられているからこうしようという話し合いができているのは良いのかなと。どちらかというと、監督がやれということをやるのはもちろんなんですけど、プラスで自分たちが起きていることに対しての修正力ができていることは、今の勝ち点を積み重ねて勝利に繋がっている要因の一つかなと思っています」と、ピッチ上の自主的な判断の積み重ねがあると話した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」