U-24日本代表、ガーナ戦出場全17選手「パフォーマンス査定」 “OA組”級の働きを見せたのは?

ガーナ代表相手に快勝 出場した全17選手を5段階査定【写真:浦 正弘 & Getty Images】
ガーナ代表相手に快勝 出場した全17選手を5段階査定【写真:浦 正弘 & Getty Images】

U-24ガーナ代表に6発のゴールラッシュ 出場した全17選手を5段階査定

 東京五輪出場を目指すU-24日本代表は5日、ベスト電器スタジアムでU-24ガーナ代表と国際親善試合を行った。本大会で同組の南アフリカを想定した一戦は、前半16分に日本が先制。MF久保建英(ヘタフェ)にも20歳“初ゴール”が生まれるなど、6-0で大勝した。

 DF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(マルセイユ)、MF遠藤航(シュツットガルト)のオーバーエイジ(OA)枠3人も揃って先発出場したなか、各選手はどのようなパフォーマンスを見せたのか。出場17選手を5段階評価(最高が五つ星=★★★★★)で査定した。

<GK>
■谷 晃生(湘南ベルマーレ)=★★★☆☆

 被シュート数はわずか1本ながら、カウンターを食らってのMFオスマン・ブカリとの1対1で鋭いセーブを見せ、ピンチを回避。コーナーキックのハイボール処理で危ない場面はあったが、センターバック(CB)とのボール回しもソツなくこなした。

(出場なし)
沖 悠哉(鹿島アントラーズ)
鈴木彩艶(浦和レッズ)

<DF>
■酒井宏樹(マルセイユ→未定)=★★★☆☆

 持ち前のフィジカルを生かして球際に激しく行き、久保のパスミスからカウンターを受けた前半9分の場面は完璧なタックルで相手を阻止。右サイドハーフがA代表でも共闘経験のある堂安だっただけに、オーバーラップのタイミングなどスムーズだったが、本人も「イージーミスがあった」と反省したように、クロスなどプレー精度は改善の余地がある。

■吉田麻也(サンプドリア)=★★★★☆

“A代表のキャプテン”として合流後初出場。「プレッシャーはいつも以上にあった」とおどけたが、空中戦・地上戦の対人、ビルドアップともに安定しており、チーム4点目のシーンではアシストした堂安に絶妙な縦パスを入れてスイッチを入れた。田中が相手に削られたシーンでは先頭に立って抗議するなど、オーバーエイジとしての威厳を漂わせていた。

■冨安健洋(ボローニャ)=★★★☆☆(→後半13分OUT)

 吉田への横パスがズレるなど試合の入りはあまり良くなかったが、すぐさま修正。コンビの相棒がA代表でも一緒に戦う吉田だった分、カバーリングやパスワークもしっかりと意思疎通が図れていた。もっとも、本来のパフォーマンスを考えれば、さらに上のレベルのプレーを見せられるはずだ。

■中山雄太(ズウォレ)=★★★☆☆(→後半39分OUT)

 酒井が存在感を発揮した右サイドに比べると、左サイドは前半おとなしかった印象。それでも、後半に入って高いポジションから攻撃参加し、後半11分にはピンポイントクロスで上田のヘディング弾を演出した。3日のA代表戦ではボランチでの出場だったが、遠藤航と田中のパフォーマンスがハイレベルだっただけに、左サイドバックでのアピールは重要になる。

■板倉 滉(フローニンゲン)=★★★☆☆(←後半13分IN)

 セットされた守備では崩されたシーンはほとんどなかったが、後半30分に唯一の決定機を献上したのは攻撃参加した板倉がシュートを打てずにカウンターを受けてのもの。A代表のレギュラーを務める冨安と比べると、安定感やプレー精度で及ばない感は否めない。

■古賀太陽(柏レイソル)=★★★☆☆(←後半39分IN)

 A代表戦に続いて左サイドバックで途中出場。試合の決した状態でピッチに立ち、プレー機会はほとんどなかったが、中山や旗手といったポジションを争うライバルが出番を得ているだけに、12日のジャマイカ戦ではしっかりとアピールチャンスを得られるか。

(出場なし)
町田浩樹(鹿島アントラーズ)
橋岡大樹(シント=トロイデン)
菅原由勢(AZ)

今、あなたにオススメ

トレンド