Jリーグ53クラブ、経営情報開示 20年度の営業収益は230億円減…単年度赤字は34クラブ

Jリーグが2020年度のクラブ経営情報を開示【写真:高橋 学】
Jリーグが2020年度のクラブ経営情報を開示【写真:高橋 学】

3月決算である柏、湘南、磐田を除く53クラブの20年度経営情報を先行発表

 Jリーグは28日、2020年度のクラブ経営情報を開示した。今回はJ1~J3の全56クラブのうち、3月決算である3クラブ(柏レイソル、湘南ベルマーレ、ジュビロ磐田)を除く53クラブを発表。新型コロナウイルス感染拡大の影響で営業収益は前年度と比較し230億円の減少、単年度赤字クラブは34クラブ、債務超過に陥るクラブは10クラブとなった。

 Jリーグの発表によると、20年度の営業収益は53クラブ合計で998億円。コロナ禍による財政面へのダメージは避けられず、前年比で230億円の減少となった。入場料収入に関しても、無観客試合、来場者数に上限を設けての有観客開催となったため前年比で約6割減少の79億円(前年比-123億円)にとどまっている。

 単年度の赤字クラブ・債務超過クラブについてはそれぞれ34クラブと10クラブ。赤字クラブの当期純損失額で、5億円以上を計上したのはJ1で5クラブ、J2で1クラブとなっており、債務超過クラブの債務超過額で5億円以上だったのはJ1の2クラブとなった。

 なおJリーグは、コロナ禍の影響を考慮し、2021年度末までは特例措置を継続し、債務超過、3期連続赤字をライセンス交付の判定対象とせず、21年度末に新たに債務超過に陥っても判定対象としない旨を発表している。

 2020年度の単年度の赤字クラブ・債務超過クラブは以下の通り。

【単年度赤字34クラブ】
札幌、仙台、鹿島、浦和、FC東京、川崎、名古屋、G大阪、C大阪、広島、鳥栖、大分、山形、水戸、千葉、東京V、甲府、金沢、岡山、山口、福岡、長崎、琉球、岩手、秋田、YS横浜、相模原、長野、藤枝、沼津、鳥取、讃岐、熊本、鹿児島

【債務超過10クラブ】
仙台、C大阪、鳥栖、東京V、山口、福岡、秋田、YS横浜、長野、鳥取

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング